大晦日の行事「なまはげ」とは

なまはげとは、秋田県の冬を代表する伝統行事。行事は男鹿半島において、12月31日の大晦日の夜(かつては1月15日の夜)に行われており、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

なまはげの語源は「なもみを剥ぐ」がなまったものと言われています。なもみとは、寒い冬に炉端にかじりついているときにできる火型(ひがた)のこと。それをはぎ取ることで、怠惰を戒めるという意味があります。なもみを剥ぐがなまって「なまはげ」になったと言われています。

大晦日のなまはげの由来には、以下の四つがあります。
・山の神の使者
・漢の武帝が連れてきた5匹の鬼
・外国船が難破して漂流してきた異邦人
・修験者
いずれにしろ、大晦日のなまはげは、神聖なものとして現在も信仰の対象になっています。

大晦日のなまはげに似たような行事は、秋田県能代市の「ナゴメハギ」、岩手県大船渡市三陸町吉浜の「スネカ」、山形県遊佐町の「アマハゲ」など、主に東北地方の沿岸部各地に存在し、北陸地方には能登の「アマメハギ」が伝えられています。

大晦日――なまはげ信仰

なまはげとは、大晦日当日、男鹿半島ほぼ全域の約60の集落で、それぞれの集落に伝わる面を付けて行われる伝統行事。

大晦日になると、青や赤の鬼の面、ケラミノ、ハバキを身に付け、ワラグツをはき、なまはげに扮した町内の若者たちが、大きな出刃包丁(あるいは鉈)を持って家々を訪問。「泣ぐコはいねがー」という荒々しい声を発し、家に入る時、一勢にウォーウォーと奇声をあげます。

大晦日のなまはげは、ケダシをガサガサと音をたて、手にした出刃包丁を振り回して歩き回り、怠け者、子供や初嫁を探して暴れます。しかしなまはげは、災禍を払い、豊作・豊漁・吉事をもたらすとされているため、主人はなだめながら丁重にもてなします。そしてなまはげは、来年もまた来るという言葉を残して去っていきます。

なまはげはほとんどの家に自由に入ることができますが、一年の間に不幸やお産のあった家には入ることができないとのこと。

一方、なまはげの行事は大晦日以外にも、2月の第2金曜日を含む金、土、日曜日に「なまはげ柴灯(せど)まつり」が開催され、全国から多くの観光客が訪れています。

なまはげ